備忘6jp

ゴルフ、DIY、外食、車、好きですので、この辺りの記事が多いです。

電源ケーブル交換(Dell Inspiron 1545)

うちのノートPCは「Dell INSPIRON 1545」です。
 

ある日、このPCの電源を入れた直後の黒い画面上へ、以下のメッセージがでました。

The AC power adapter wattage and type cannot be determined.
The battery may not charge.
The system will adjust the performance to match the power available.
Please connect a Dell 65W AC adapter or greater for best system performance.
To resolve this issue, try to reseat the power adapter
Strike the F3 key (before the F1 or F2 key) if you do not want to see power warning messages again.
Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility. Press F5 to un onboard diagnostics.
 
英語を読むと「The battery may not charge.」とあり、「バッテリーは充電されないかも」って感じです。で、F1を押しました。
 
で、Windowsが立ち上がりました。良かったです。

 

が、Windowsが立ち上がっている際に電源の抜き差しをすると、「QuickSet」というウィンドウへ以下のメッセージが出ました。
イメージ 1

AC電源アダプタのタイプが確認できません。お使いのシステムの動作が遅くなり、バッテリーが充電されません。システムを最良に動作させるために、65Wかそれ以上のDELL製のACアダプタを接続してください。

 

事象としては、ノートPCのバッテリーが充電されていないのです。DELL純正の電源コードを使っているにも関わらず、この事象となります。
なんで、電源ケーブルを使ってもノートPCへ給電されないので、やがてバッテリーの残量が0になり、PC自体が使えなくなります。とても困ります。

 

それで、DellのHPに記載された手順も試しましたが、改善しませんでした。
 
で、困ったあげく、4月16日に電源コードを発注しました。
 
で、今日(4月27日)に電源コードが届き、無事に給電できるようになりました。良かった、良かった、って感じです。
 
2022年6月 再編集しました。
 

PC遍歴と関連記事

2009年からDellのノートPCを愛用しています。