備忘6jp

ゴルフ、DIY、外食、車、好きですので、この辺りの記事が多いです。

TUMI(26031D4)キャリーハンドルの染色

「トゥミ(TUMI)ビジネスバック(26031D4)」の色が落ちてきたので、染色した際の備忘6です(第1話)。

目次

 

経緯

2004年7月にTUMI(トゥミ)の正規取扱い店で「トゥミ(TUMI)ビジネスバック(26031D4)」を買いました。
それから13年過ぎたころには、生地バリスティックナイロン(黒)のあちこちの色が落ちて来ました。
イメージ 2
全体的に色落ちしてきました。一番色落ちがひどいのはキャリーハンドル(持ち手)の繊維部分です。ショルダーストラップの繊維部分と比較するとその違いが分かります。
で、修理に出そうかとも考えましたが、DIYで染めてみようと思いました。
 

購入&準備

準備したのが以下です。
イメージ 1
・クラフト染料(クラフト社)(黒):本来は皮用なんで大丈夫かなぁ~?って感じです。
・筆代わりの歯ブラシ:画像中の筆を使おうと思いましたが、塗る面積が少ないので使用済の歯ブラシで代替です。
・瓶:染料を水で5~10倍に薄めました。
・新聞紙

 

染色&準備

まず塗る前です(以下の画像は再掲)。 
イメージ 2
いきなり全体を染め失敗するのが怖いので、キャリーハンドル部分だけを染めました(以下の画像)。
イメージ 3
で、キャリーハンドルの部分はいい感じの黒色に染まりました。この後に二度塗りもしました。
 

感想・他

パット見いい感じに染まったのですが、皮用の染色剤がどこまでバリスティックナイロンに残るか?って感じです。
これで暫く使ってみて、様子を見ます。問題が無ければ塗る範囲を広げて行きます。

 

2018年2月11日追記

結局半年後には色が落ちました。
行った対策は、次の記事「TUMI(26031D4)ビジネスバックの染色(2018/02)」をご覧ください。
 

関連記事