備忘6jp

ゴルフ、DIY、外食、車、好きですので、この辺りの記事が多いです。

禁酒.インド チェンナイへ行く(第26話)

インド チェンナイに来て3週間過ぎました。
で、チェンナイ市内をタクシー走っていると、前方から黒赤橙の横帯の旗を掲げた20~30台のバイクと数台の車が走って来ました。大きな音楽をかけ、異様な雰囲気でした。まるで日本の暴走族です。

 

初めて見る光景で、「何だろう?」って思いましたが、、、2005年5月8日(月)はタミル州の選挙なのは知っていたので、「この選挙活動では?」と思ったのです

 

選挙事務所の前を通ると、黒赤橙の横帯があります(画像)。
イメージ 1
ここでは大きな音楽が流れ、その周辺だけ黒赤橙の旗(州又は県の旗かこの政党の旗か?)が掲げられていました。ここも異様な雰囲気です。
 
インドは州単位の共和(連邦)制なので、州選挙は日本の国政総選挙相当の規模と思います。
そんな良い時にインドにいたものだと思いました。
 
しかし、この選挙がおいらへ困ったことをもたらしました。
 
久々に日本料理屋に行き、日本酒を飲もうと思ったら、選挙前の数日は店で酒を売れないとのことでした。インド人は政治に詳しく、各人に思いが有るとのことで、過去に選挙期間に酒で色々な事件が起こったそうです。
従うしかないのですが、「何だかなぁ~。勘弁してくれぃ!」と思いつつ、食事だけしてホテルの部屋戻りました。
 
すると、冷蔵庫に酒が有りません。
そして一通のメッセージが机に置いてありました。
Dear Guest,
 
On account of Assembley Elections the Bar, Banquests, Restaurants and other Outlets Including Room service the Liquor would not be served, Would be dry day From 06/05/2006 Evening 1600 Hrs to 08/05/2006 Evening 1800 Hrs Incovenience caused is regretted.
Your Kind Cooperation Highly Appereciated,
 
With warm Regards

 

おいら的に意訳すると以下です。

お客様


選挙のため、バー、宴会場、レストラン、ルームサービス等々を含む酒類は提供しません。

2006年5月6日16時から2006年5月8日18時まで、ご不便をおかけして申し訳ございません。 協力をお願いします。


よろしくお願いします

 

酒が飲めないと言う恐ろしい状況です。

 

ふぅ・・・
誰かおいらに、酒下さい。。。
 
(第27話) < インド チェンナイへ行く(第26話) > (第25話)
2022年4月 再編集しました。