備忘6jp

ゴルフ、DIY、外食、車、好きですので、この辺りの記事が多いです。

成田着・インド チェンナイへ行く(第34話)

シンガポール航空のビジネスクラスのラウンジはとても快適でした。
 
実は、おいらは機中で寝るのは苦手で、インド チェンナイからシンガポールへの飛行機でもまったく寝れませんでした。
睡眠不足だったので、快適なビジネスクラスのラウンジで前の記事を投稿してから、ウトウト寝てしまいました。

 

どのくらい過ぎたか、ふと起きました。

 

時計を見ると"Boarding Time"を過ぎていました。流石にマズイと思いました。
で、ラウンジの"Departure Board"を見たところ、日本語で"最終案内中"と書いてありました。で、慌ててノートPCをバッグへしまい、ラウンジをダッシュで出ました。
 
シンガポール空港は乗り換え空港としての位置づけが大きく、とっても大きいです。なんで、動く通路の上を走っても、走っても、搭乗口に着きません。
でも、何度も「Sorry!」と叫びながら走り続けました。
 
で、なんとか搭乗口へたどり着いたところ、ギリギリセーフでした。
イメージ 1
そんな事件をクリアし、夕方に成田へ着きました(画像は成田空港)。そして何とか自宅へたどり着きました。
 
インド到着直後に腹を壊し(記事へのリンク)、最後は乗り遅れギリギリと言う感じでピンチの連続でしたが、1ヶ月のインド滞在を何とか乗り切りました。
久々の日本は緊張感も無く、過ごしやすいです。
 
 (第35話) < インド チェンナイへ行く(第34話) > (第33話)
2022年4月 再編集しました。