備忘6jp

ゴルフ、DIY、外食、車、好きですので、この辺りの記事が多いです。

LALBAGH BOTANICAL GARDEN@バンガロール・インド チェンナイへ行く(第28話)

プロペラ機にビビリはしたものの、何とかバンガロールにたどり着きました。
空港へ迎えに来ていたのは、二人のインド人です。彼らはオフィスのインド人の友人で、初めて出会う方々です。

そして、タクシーを一日チャーターしました。
交渉はインド人が行ってくれたので、値段は忘れましたが、そう高くなかったと思います。

 

バンガロールは庭園が多い町です。
ということで、"LALBAGH BOTANICAL GARDEN"という庭園に入りました。f:id:mewlmewmiaou:20220409000102j:plain
改めて公園の案内を見ると、この庭園は標高920mです。日本の国道1号線の箱根峠(神奈川県と静岡県の境)が標高846mなんで、そこよりさらに標高が高いです。
温度は36.2~12.6度とあり、これまでいたチェンナイの40度を超える毎日と比べると、かなり過ごしやすいことが分かります。
また、17番に JAPANESE GARDEN があります。が、そのの写真を撮るのを忘れました。
 
庭園には、火焔樹(カエンジュ)がとても綺麗に咲いていました。

f:id:mewlmewmiaou:20220409002015j:plain

火焔樹

思わずパシャしました。

 

とても大きな木もありましたが、木の名前はわかりません。

イメージ 1

 

でも、インド人二人と日本人二人の計四人の野郎です。

庭園へ行って、何話していたんだろう? よく覚えてません。

 
 (第29話) < インド チェンナイへ行く(第28話) > (第27話)  
2022年4月 再編集しました。文中「バンガロール」とありますが、2014年11月から「ベンガルール」と改称したとのことです。