備忘6jp

ゴルフ、DIY、外食、車、好きですので、この辺りの備忘録が多いです。

ヒイラギのヘリグロテントウノミハムシ(ハモグリムシ)対策

毎春にヒイラギ(柊)の若い葉がでてきますが、その直後に若い葉が枯れていました。

枯れたヒイラギの若い葉
これまで病害だと思っていたのですが、2022年5月初旬にヒイラギの葉をよく見ると、ヘリグロテントウノミハムシ幼虫(通称ハモグリムシ)(写真 赤矢印)がいます。また小さな黒い卵か糞のようなもの(写真 青矢印)もあります。この時に初めて病気ではなく害虫によるものだと気づきました。
2022年5月初旬 ヘリグロテントウノミハムシ幼虫(通称ハモグリムシ)
本記事は、2022年,2023年,2024年とヒイラギにいたヘリグロテントウノミハムシを駆除した際の備忘6です。

広告表記内容について:本ページはプロモーションが含まれています。

■準備物品

準備物品
準備した物品を記します。

  • 蓄圧式噴霧器
    • 10年以上前に購入しましたが、10年程度使っていませんでした。今回殺虫剤を入れたところ圧力がかからず、使うのを諦めました。
  • 住友化学園芸 スミチオン乳剤 100ml
  • 住友化学園芸 ダイン 100ml
  • スプレーボトル
    • 蓄圧式噴霧器が壊れていたので困りましたが、再購入するのは勿体ないので諦めました。それで100均で購入したスプレーボトルを使用しました。
    • スミチオン乳剤とダインの説明書に1,000倍に希釈とあったので、スミチオン乳剤とダインを目分量で少量入れ水を入れ希釈しました。これで殺虫剤が完成しました。
  • オルトラン 粒剤
    • 楽天市場, Yahoo! ショッピング, Amazon(尚、画像は「ホクコー 園芸用 オルトラン 粒剤 900g」ですが見つけられなかったので、住友化学園芸社製1kgへのリンク)
    • 10年以上前に購入した野菜栽培で使える殺虫剤で、期限切れかもしれません。しかし、2024年に使っています。
  • マキタ ミニ生垣バリカン
  • 軍手

ホクコー(HOKKO) オルトラン 粒剤 900g

■対策状況(2022年)

2022年5月初旬

殺虫剤(スミチオン乳剤とダイン)を噴霧しました。但し、全体に散布したいのですが、中央から右側は果樹が近く、収穫が終わる6月までは殺虫剤を散布できません。

2022年6月初旬

ヒイラギの葉を見ると、2022年5月初旬に殺虫剤を噴霧しなかった箇所を中心にヘリグロテントウノミハムシ(写真 赤印)がいました。

2022年6月初旬 ヘリグロテントウノミハムシ
2022年6月初旬に再び殺虫剤(スミチオン乳剤とダイン)を噴霧しました。

2022年6月中旬

ヒイラギの葉を見ると、数箇所にヘリグロテントウノミハムシがいました。根絶できてはいませんが、数は減ってきていますので確実に効果がでています。そのため、殺虫剤は噴霧しませんでした。

6月中旬 ヘリグロテントウノミハムシ

2022年10月

ひいらぎの状況は以下です。

ヒイラギの2022年10月状況
画像中央から左側は害虫の影響がなく、画像中央から右側は害虫の影響を受けています。2022年5月初めに、画像中央から左側は適切に殺虫剤を散布しましたが、画像中央から右側は殺虫剤を散布していませんので、その差が出ています。
全体に散布したいのですが、前述の通り中央から右側は果樹が近く、収穫が終わる6月までは殺虫剤を散布できません。これはあきらめるしかないです。

2022年まとめ

あとで調べると、ヘリグロテントウノミハムシ幼虫(通称ハモグリムシ)(画像再掲)まで育つ前は葉の中で育つそうです。

ヘリグロテントウノミハムシ幼虫(通称ハモグリムシ)(再掲)
スミチオン乳剤は表面の害虫への殺虫効果はあるが、葉への浸透性は無いので、葉の中で育つハモグリ虫には効果がないともありました。葉への浸透性があるのはオルトラン粒剤とのことでした。
ただ2022年10月の状況からすると、2022年5月初めに殺虫剤を噴霧しなかった箇所でヘリグロテントウノミハムシが発生し、噴霧した箇所では発生していません。そのため、スミチオン乳剤とダインでも効果があったと考えています。
ヒイラギの2022年10月状況


■対策状況(2023年)

2023年4月初旬

ヒイラギの葉を見た所、若い葉も枯れておらず元気でした。

2023年4月中旬
今年はまずヒイラギの葉を「マキタ ミニ生垣バリカン(楽天市場へのリンク)」で剪定しました。
2023年4月中旬 ヒイラギの剪定

2023年4月中旬

ヒイラギの葉を見た所、若い葉が枯れ始めていました。そのため昨年(2022年)と同様に殺虫剤(スミチオン乳剤とダイン)を100均のスプレーボトルで噴霧しました

2023年4月中旬 ヒイラギの葉

2023年5月初旬

ヒイラギの葉を見た所、殺虫剤の噴霧が甘かったと思われる箇所の若い葉が枯れ始めていました。そのため、再度殺虫剤(スミチオン乳剤,ダイン)を100均のスプレーボトルで噴霧しました。

2023年5月初旬 ヒイラギの葉
結局この後に殺虫剤の散布はしませんでした。

2023年度秋

申し訳ありませんが、秋の画像を撮り忘れました。

2023年まとめ

昨年(2022年)も今年(2023年)も殺虫剤(スミチオン乳剤とダイン)の散布が甘かったところは害虫の影響を受けたので、百均のスプレーで殺虫剤(スミチオン乳剤とダイン)を散布する方法に限界を感じ始めています。
野菜栽培用に昔購入したオルトラン粒剤を見つけたので、来年はこれも撒いてみようと思います。

■対策状況(2024年)

2024年4月下旬

ヘリグロテントウノミハムシ幼虫(通称ハモグリムシ)
今年も「ヘリグロテントウノミハムシ幼虫(通称ハモグリムシ)」が多数出てきたので対策することとしました。
殺虫剤(スミチオン乳剤とダイン)
備忘6jp宅にはヒイラギの生垣が2箇所にあります。そのため2024年は一方のヒイラギには昨年同様に殺虫剤(スミチオン乳剤とダイン)を散布し、もう一方のヒイラギには今年新たにオルトラン粒剤を散布し、両者の効果を比較することとしました。
ホクコー(HOKKO) オルトラン 粒剤
オルトラン粒剤は葉の上から撒きましたが、小さな粒なのでヒイラギの葉に付く感じではなく、殆どが根本に落ちました(写真参照)。
オルトラン粒剤(白い小さな粒)
これではなかなか効果が出ないと思ったので、水を十分に散布しました。

2024年5月中旬

4月下旬に殺虫剤(スミチオン乳剤とダイン)の液体を葉に散布した側のヒイラギは効果が出ていてとても元気です。

殺虫剤(スミチオン乳剤とダイン)を散布した箇所
それに対して4月下旬にオルトラン粒剤をヒイラギの根本へ撒いた箇所は害虫の被害が酷いです。
オルトラン粒剤を撒いた箇所
粒剤なので土に浸透し葉に吸いあがるまでに時間がかかるのかもしれません。葉にオルトランを散布するためにオルトラン液剤を買おうかとおもましたが、結局のところ少量のオルトラン粒剤を100均のスプレーボトルへ入れて水で溶かして葉に散布しました。
オルトラン粒剤を水で溶かして散布
これで効果を見たいと思います。

2024年6月初旬

4月下旬にヒイラギの根本へオルトラン粒剤を撒いてから1ヶ月が過ぎ、5月中旬にオルトラン粒剤をスプレーボトルへ入れて水で溶かして葉に散布してから2週間が過ぎました。
ヘリグロテントウノミハムシが多くの葉にいます。なので、再度オルトラン粒剤を100均のスプレーボトルへ入れて水で溶かして葉に入念に散布しました。

オルトラン粒剤を散布した直後のヒイラギ(ヘリグロテントウノミハムシがいます)
翌日にヒイラギを確認したところ、まだヘリグロテントウノミハムシがいます。葉が白くなっているのはオルトラン粒剤なので、かなりの量を散布しても効果が無いように見えます。
オルトラン粒剤を散布した翌日のヒイラギ(ヘリグロテントウノミハムシがいます)
もう少し様子を見てオルトラン粒剤の効果が無ければ、スミチオン乳剤とダインを使おうと思います。

2024年(今後も更新します)

■関連記事

■商品へのリンク

品名 リンク
住友化学園芸 スミチオン乳剤 100ml 楽天市場, Yahoo!ショッピング, Amazon
住友化学園芸 ダイン 100ml 楽天市場, Yahoo!ショッピング, Amazon
オルトラン 粒剤(1kg) 楽天市場, Yahoo! ショッピング, Amazon
マキタ 充電式ミニ生垣バリカン(MUH264DZ) 楽天市場, Yahoo!ショッピング, Amazon