備忘6jp

ゴルフ、DIY、外食、車、好きですので、この辺りの記事が多いです。

夜のピクニック

上の子(12歳)が文庫本を読んでいました。「何を読んでいるのかな?」って思ってました。で、先日耳鼻科へ行った際(耳鼻科へ - 備忘6jp)に、その本を借りて行きました。

 

80kmを歩くという学校行事を通して、高校3年生の主人公と友人達がぶっちゃけ話しをするという物語です。2005年の本屋大賞を受賞しただけあって、あっという間に惹き込まれ、ラストもオイラ好みの作品でした。
 
が、、、驚いたことがありました。
この作品中では、シングルマザーとか、中絶とかが、描かれています。それをわが子(12歳)が読んでいることに気付いて「おいおい、まだ早くないか?」って思った次第です。
 
かなり驚き、かなり複雑な気分になりました。
 
う~ん、最近、上の子のおいらへの対応が冷たくなってきた理由を垣間見ました。